マウスピース相談会 百人百色

 
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< マウスピース当て直し(リセット) | main | マルカート フリューゲル 購入 >>
スロートサイズ変更での吹奏感の違い
2014年9月27日
 
スロートサイズ変更での吹奏感の違い
 
スロートサイズ 0.2mm の違いで 吹奏感は“大きく変わる”はちょっと言い過ぎですが 吹いているご本人は 吹奏感の変化を感じるものです。
 
私が心配するのは この場所での試奏と 本ステージで 自分の音のモニターしづらさのギャップが気になります。
 
この相談者の場合 同じメーカー 同じ型番を保険にキープしていますので 何か有れば『すぐに元に戻れる』ので トライとしての条件は問題無いと思います。
 
トランペットの場合 マウスピースの変更、楽器の買い換え等々 ちょっとの試奏では 判断つきませんので それまでに吹けていた 楽器本体 マウスピースは“キープ” は大原則となりますね。
 
一度ステージで好結果の出た トランペット・マウスピースはキープをお忘れ無く。
 
とは言え スロートサイズは大変重要で ハイノート(高音)だけでなく 音色、操作性に大きな影響が有ります。
 
私の場合 ディキシーランド、ジャズオーケストラ、モダンコンボ(小編成バンド)等々での息の入れ方が違ってきますので スロートサイズを変更して使用する事があります。
 
ディキシーランドジャズでは かなり荒っぽい吹き方が要求されますので スロートサイズ 3.74mm弱、ジャズオケも同じものを使用しています。
 
モダンコンボでは 音色的に柔らかめが必要となりますので 3.78mm(#25)と使い分けをしていますね。
 
相談会では 各種 各サイズのバックボアを用意していますので バック、ヤマハ、又、Nモデルのカップだけネジ切りしたモノを揃えていますので サンプルでのスロートサイズテストが可能です。
 
テスト後 OKとなれば 相談者ご持参のマウスピースを削る といった流れになります。
Nモデルのマウスピース、クラシック用ジャズ用共に 市販時 #28(3.56mm)と一段階小さく販売していますので、普通のバックヤマハ#27(3.66mm)も 試してみる価値はありますね。

 
是非、相談会にご参加ください。
 
2015年2月22日(日) 中川喜弘マウスピース相談会開催
相談者募集中
電話 03−3572−3134
http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/4540
 

 
| マウスピース相談会 | 00:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
中川先生、動画に出演している北海道のとまりです。先生に拡張していただいた3.66→3.69はその後好調で、現在ジャズオケで吹く時にはメインで使っています。ただ、小編成のコンボなどではマウスピースの浅さが音色に影響しているのと、操作性の問題などで、中川モデル14B4NEE(3.72)を使っています。
 どちらも好調です。ありがとうございました。
| とまり | 2014/11/14 11:20 AM |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069564