マウスピース相談会 百人百色

 
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 浅いマウスピースの利点 vs. デメリット | main | スロートサイズ変更での吹奏感の違い >>
マウスピース当て直し(リセット)
2014年9月25日
 
マウスピース当て直し(リセット)
 
トランペットでの一番の“お悩み”と言えば やはり“バテ”という事になりますが マウスピースがフィット(自分に合う)していれば 耐久力時間は長くなると考えます。
 
だれもが悩む事ですが プロの場合バテたからと言って『今日は音が出ませーん』は 口には出せませんね。
 
力尽くでも音を出す『何が何でも音を出し続ける』が求められます。
“マウスピースが浅い・小さい”場合 どうしても踏ん張りがきかなくなり「プスッ」と音が途絶えてしまいます。
 
どこでマウスピースと折り合いをつけるかが 一番悩むところですが リム内径は口が延びきった時、唇 皮膚部分(粘膜以外)にマウスピースがセットできる程度の リム内径があれば バテて口の自由がきかなくなっても 皮膚部分にマウスピースをセットできる事になりますが 程よく大きなマウスピースは Nモデル以外探すのが難しいですね。
 
ジャルディ ボブリーブス 最近は色々なメーカーが各種マウスピースが発売されていますが 残念ながら 歯並びが出っ歯でない 唇が薄い 西洋人が西洋人用に作ったマウスピースですので 日本人には 使いこなしに無理が生じます。
 
大半の日本人の場合 西洋人用のマウスピースは 一時的に高い音等出せますが 小さい 浅いマウスピースの唇に当たる位置がずれてきますので どうしても『バテタッ』といった状況になりますね。
西洋人の写真
西洋人 日本人 リム内径が大きくなる 00" height="300" class="pict" />

今回の相談者の様に マウスピースの当て直し(リセット)すると 音が出せる場所からマウスピースがずれるため『プスーッ』と音が出づらくなる事になります。
 
トランペットを吹くにあたって『一番のお悩み』と言う事になりますね。
 
今度 17.8mmのシルキー20と同じサイズのマウスピースを新しく出しますので 『乞うご期待』という事になります。

 
2015年2月22日(日) 中川喜弘マウスピース相談会開催
相談者募集中
電話 03−3572−3134

 
http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/4540
 
| マウスピース相談会 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069563