マウスピース相談会 百人百色

 
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ウォームアップの音の大きさ vs. 実際のステージのサウンド | main | クラシックの道具vs.ジャズの道具 >>
コルネット・ロングタイプのマウスピースカップはトランペットと同じ

  2014年 9月18日

コルネット・ロングタイプのマウスピースカップはトランペットと同じ

 

ご存じだと思いますがコルネット・ロングタイプのマウスピースカップはトランペットと同じ、違う部分はシャンクとバックボアの形状だけですね。

 

スロートも私の場合 トランペットと同じサイズで 調子よく吹けています。

バックボアの形状もトランペットと同じで ジャズタイプとクラシックではやはり 区別が必須となります。

 

  コルネット(ロングタイプ)の場合、楽器の組み立て方、構造上の影響だと思いますが、大きな音に反応する事が多く、PA(マイクスピーカー等拡声装置)を使用しない『生音』で吹くのに適していますね。

 

ショートタイプコルネットは、マウスピースのカップがフリューゲルタイプと深く、金管バンド等によく使用されますが、ジャズの様な大きな音を出すのには適していないといえますね。

 

今回の相談者の場合 フォルテシモに反応するトランペットが無かったので、入手するまで コルネットで対応することになりました。

 

大きな音に反応するNモデルマウスピースは トランペット用だけですので、コルネットで使用する場合 シャンク バックボアをコルネット用に加工する必要があります。

 

費用はシャンク形状 バックボア形状加工合わせて 5000円以下で、1週間程で出来上がりますが、カレンダーによってはもう少し日にちがかかる場合もあります。

 

ヤマハ銀座店に問い合わせしてください。

 

今回の相談者 偶然ですが新宿で昼のライブが有り 早速試奏に向かいました。
 

 

非常に好結果で早速、Nモデル 14B4NEEをロングコルネットタイプ加工に出し、その後愛用しています。

 

私の出演しているライブハウスにシットイン(飛び入り演奏)し、はっきりと好結果がでています。

 

やはり プロバンドに飛び入り演奏と言うことで 演奏当初かなり緊張が見受けられ、震えているのが感じられましたが、楽器が大きな音に反応さえすれば、震えは止まるものです 

 

2015年2月22日(日) 中川喜弘マウスピース相談会開催
相談者募集中
電話 03−3572−3134
 
http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/4540
 

| マウスピース相談会 | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069560