マウスピース相談会 百人百色

 
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 安易な『重量級マウスピースに変更は怪我の元』 | main | ジャズのタンギング >>
マウスピースと楽器本体のバランス

2014年9月10日
 
マウスピースと楽器本体のバランス
楽器に装着する オモリ ボトムキャップ等
 
見様見真似(みようみまね)で ボトムキャップ等を重い物等に変えるとトランペットの“鳴り”に大きく影響する。
 
初心者の中は不調の原因が自分の実力なのか 装着させたオモリの影響なのか 判断し難く 悩みばかりが増す事となります。
 
楽器に“オモリ”等の付属物を付けようと感じるのは、ジャズの様な強いタンギングを必要とする場合
 
吹奏楽団 クラシックタイプのオーケストラで使っているクラシックタイプの楽器では 強いタンギングに反応しづらく 『息を入れるだけ吹きづらい』といった現象が起こってきます。
 
見様見真似で楽器に“負荷”を書けるのではなく、可能な限り 熟練した経験者等の意見に耳を傾ける事をお勧めします。
 
クラシックと異なる、ジャズ系の音楽に反応させる手段としては “オモリ装着”だけではなく マウスピース本体を強いアタックの可能なマウスピースの選択も重要ですね。
 
通常 使用する バック・ヤマハの場合 95%以上が クラシック音楽仕様に設計されていますので 楽器・マウスピースをそのままでジャズを演奏すると かなりのミスマッチとなります。
 
この ミスマッチは 音響工学的反応ですので 人間の可弱い唇での克服 は努力等では 絶対に解決しない。
 
強いアタックに反応させるデシベルが 音響工学的に具体的な数値で表せると考えています。
 
日本のトランペット事情は 未開発ですから 全てを努力 根性で解決させようとしますが『反応しないトランペットは反応しない』
めちゃくちゃ 押さえつけるとか 必要以上に口を開いて吹き 奏法を崩して演奏する事になり 絶不調の原因になります。


2015 年 2月22日(日) 中川喜弘マウスピース相談会開催
相談者募集中
電話 03−3572−3134

http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/4540

 

 

 

| マウスピース相談会 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069554