マウスピース相談会 百人百色

 
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 自分に合った マウスピース スロートサイズ | main | マウスピースと楽器本体のバランス >>
安易な『重量級マウスピースに変更は怪我の元』
2014年8月31日
 
安易な『重量級マウスピースに変更は怪我の元』
 
重量級(モネット )ベストブラスマウスピースの様な 重量級マウスピースを 普通の楽器(ヤマハZENO バック37)で 使用するのは“ミスマッチ”
 
著名なトランペットプレーヤーが 使っていると言うだけで 安易に重量級マウスピース変更は 調子を崩す元になります。
 
モネの楽器本体の様に 重量級マウスピースと楽器のバランスがとれていれば 問題は起こりませんが マウスピースだけを モネの重量級マウスピース ベストブラスの重量級マウスピース に変えて 使用するのは
調子を崩すだけではなく 奏法も変わってしまいます。
 
ある程度のトランペット経験者ですと『ちょっと吹き』で 『あっ これ 自分に合わない・楽器とミスマッチ』を判断できますが 初心者又は 上達途上の人の場合 元々あまり楽器を鳴らせないので 楽器が鳴らない理由を『自分のせい』 にしてしまいます。
 
ウイントンマルサリスが あんなに華麗に吹いているからとか 他の有名トランペットプレーヤーが使用しているからと言って 安易に『重量級マウスピースに変更は怪我の元』となりますね。
 
初心者の場合は 判断が難しいですが テスト方法として 『ピアニシモ又は 極端なフォルテシモ』等を試してみると 楽器が反応しないので 判断できると思います。

ベストブラスマウスピース 123
 

2015年  2月22日(日) 中川喜弘マウスピース相談会開催
相談者募集中
電話 03−3572−3134

http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/4540

大好評『中川モデル』の考案者、中川喜弘氏によるマウスピース相談会です!

中川モデルはもちろん、トランペットマウスピースに関する質問は何でもご相談ください。

お客様に合ったマウスピースを先生がその場で加工することもできます。(加工料無料・持ち込み可)

是非この機会にご参加くださいませ!




| マウスピース相談会 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069553