マウスピース相談会 百人百色

 
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 日本人のトランペット奏法 タンギングと舌先 腹筋 | main | 日本人のトランペット奏法 低い音楽器上向き 高音下向き >>
日本人のトランペット奏法 “F”音より上は 腹筋 息の量をすくな目

9月28日(日) 中川喜弘マウスピース相談会開催 相談者募集中 電話
03−3572−3134
http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/4538
大好評『中川モデル』の考案者、中川喜弘氏によるマウスピース相談会です!

中川モデルはもちろん、トランペットマウスピースに関する質問は何でもご相談ください。
お客様に合ったマウスピースを先生がその場で加工することもできます。(加工料無料・持ち込み可)
 
 
腹筋の使い方
 
トランペットで チューニングBbの上の “F”近辺は 奏法と言うより お腹の力 腹筋を上手く使えれば 音は楽に出る様になると考えます。
 
初心者に 腹筋と言っても中々理解が難しい様ですね。
具体的に 無意識で使う腹筋から 具体的なお腹の力の入れ方を理解して頂くのが 良いと考えます。
 
具体例 腹筋を使った声の出し方
 
咳をする時も 無意識に正しい腹筋の使い方に近いと考えます。
咳の場合 ノドだけで咳をする様になると 余命は後わずかとなりますね。
 
ただ トランペットで “F”近辺で音が出せない人の場合 思い切り咳の出来ない “病人”の様な息の入れ方で 唇と 楽器にばかり無駄な力が入り 音が出しにくい 苦しそうな吹き方になります。
 
その次に大切な事は 息の量
 
高い音に移行した時の 空気の量
 
お腹(腹筋)に力を入れると ついつい 吐く空気の量も増えますが 高い音はアパチュア(唇の開き)が狭くなるので 沢山の空気は“息が詰まる元”になります。
 
“F”以上では お腹に力は入れるけど“空気の量はすくな目”
 
 “F”以上の音では アパチュア(唇の開き)が狭くなっているので 腹筋に力が入る割には 『息の量を意識して すくな目に抑えてみる』と案外楽に音が出せる様になる。



 
 
 
 
| マウスピース相談会 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069547