マウスピース相談会 百人百色

 
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 14B4NEE スロートサイズ3.58mm→3.63mm プチ拡張 | main | ボブリーブス6B→心機一転 Back5Cに代え 奏法も変えて絶不調 >>
その場で スロートサイズ拡張 市販時3.58mmの14B4EEC3.63mm加工
マウスピースのスロートサイズについては どうしても一般の方は神格化された部分が有って 『自分でさわってはいけない』といった 楽器メーカーによて 計算され尽くされた部分と考え勝ちです。

実は 楽器選びと同じで 自分にベストヒットのスロートサイズと言うのが 存在すると考えます。
とは言え 自分で加工という事になると『大きくするだけ』しかできませんね。
が Nモデルマウスピースは市販時 一般のマウスピース よりワンサイズ小さい  #28(3.58mm)
で 発売しています。

実は クラシック系マウスピース(ヤマハ バック等)は ほとんどのマウスピースが#27(3.66mm)で発売されていますが
ボブリーブス ジャルディネリ等は #28(3.58mm)で発売されています。

又、モネ等のスロートサイズはかなり大きい と言う訳で やはり 自分に合った 音楽の種類に合ったスロートサイズが存在すると考えますね。

小学校金管バンド 男の子 女の子 等は 少し小さな方が出しやすいのではと考えます。
ここら辺りは 日本の代表的楽器メーカーが本気で取り組んで頂きたいと考えております。

今回の相談者も 14B4NEE(Jazzタイプ)を使用していますが 中学3年生で 体付きもおとなに近いので
スロートサイズを3.58mm(#28)から0.05mm大きくしてテストしてもらいました。

独立したカップ(ネジ切り加工)に クラシックタイプバックボア 3.63mmを装着で試奏して頂きましたが
3.58mmより拭きやすい と言う事で 完成品(一体型)に 3.63mmにスロートサイズ拡張加工をしています。

  しばらくの間 取りあえず3.63mmで使用して頂く事になりました。
| マウスピース相談会 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069543