マウスピース相談会 百人百色

 
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2012 5/10 マウスピースカスタマイズはメガネ造り | main | 2012 5/14 マウスピースカスタマイズはメガネ造り その >>
2012 5/11 マウスピースカスタマイズはメガネ造り その
 

2012 5/11

 

マウスピースカスタマイズはメガネ造り その

 

現在入手できるマウスピースは、どこか人知の及ばない神がかったと言うと言葉が
違いますが、

例えば、身近では、ボビーシューモデル、アレンビズッティモデル等々、
あの小さなカップ、浅さ、『使えるものなら使って見ろ』と言いたいですね。

 

名人上手が使っているから、『同じもの(マウスピース)を使う』気持ちは良く理解
できますが、これには落とし穴が有りますね。

 

もし、日本のトランペットプレーヤーも、例えば親が同じトランペットプレーヤーか、
ウィントンマルサリスの様に、

父親ピアニストでトランペットを始めた幼少期に、周囲に
良きトランペット理解者が存在した等、条件が揃っていれば “名人上手” は出現す
ると考えます。

 

話はそれますが、例えば、体操選手の内村航平

『父・和久 は日体大体操競技部出身で柳川高等学校時代に高校総体の種目別で
優勝しており、 母・周子も元体操選手、妹の春日(はるひ)も体操選手(日体大)
という体操一家で ...

 

こういった条件で現在の内村航平が存在する訳ですね。

 

体操の床運動のマットにはもちろん基準はあると考えますが、浅いマウスピースの
様に個人に有利な条件は無いですね。

 

平らな床の上で“宙返り2回転ひねり” 等を決める訳ですから、明らかに個人技、
個人の能力に全てを頼る事になります。

 

トランペットの場合もある程度共通する部分は存在すると考えます。

 

日本在住のエリック宮城や、前出のウィントンマルサリス、現在超絶技巧で世に名
を知らしめているトランペットプレーヤー、100%と言い切っても良いと思いますが、

トランペットを始めた年齢、始めた時の周囲の状況に必ず、共通の条件が存在する
言い切っても良いと考えます。

 

日本から出現している、名ピアニスト、名バイオリンニストも同じで、スタートが

6才を越えると、ソロピアノプレーヤー、バイオリンニストにはなれないと言われて
います、もちろん個人差はあると思いますが。

 

スタート年齢が早いと、例えば乳歯の時期から始めると、乳歯から永久歯に生え代
わる時期にトランペットを吹いていれば、

トランペットを吹ける条件に永久歯が生え
揃う。

 

身近な例が、我が家の次男中川英二郎がまさしく、乳歯の時からトロンボーンを
吹いています。

 

早くから始めると、教え方にもよりますが、音楽家に必要な絶対音感も身につき
ますし、それに伴い、リズム感等全ての条件が良くなりますね。

 

一般のトランペットの場合は、ほとんどの人が早くて小学生高学年(10才〜11才)
吹き始める場合が多いと考えます。

 

悲しいかな、教える立場の人(先生)が、同じ音楽でも声楽家、ピアニストであったり

と、トランペットをほとんど吹けない先生に手ほどきを受けたりする事が多い訳ですか
ら、前途多難、前途絶望となりますね。

 

嘆いてばかりでは話が前に進みません。

スタートが遅く、永久歯も生え揃ってしまった方の場合に、マウスピース側で工夫等
が必要となってきます。

 

やっと、メガネ造りとマウスピース、本題に入ります。

 

私の考える理想のマウスピースのカスタマイズはメガネの場合と同じく、各種、
度の違うレンズ、メガネのツル等が用意されていて、

顔の大きさ、丸さ、等々色々と差し替えて造るに似ていると考えます。

 

トランペットの場合も、大小各種リム、各種リム形、各種カップ、各種バックボアが
用意されているのが理想的だと考えます。




リムリング

リムリング明るい

 



カップ
カップ明るい



バックボア

バックボア縮小




例えば、次の患者さんどーぞ

 

先生: 「ハイいらっしゃい 二つ三つお尋ね致します。

専門はクラシックですか、ジャズですか、ロックバンドですか?

えっ、いろいろなさる?」

 

患者:「吹奏楽団、ジャズバンド、スカバンド・・・・・・色々と・・・・・・・」

 

先生:「それはけっこうですなー。それでどの様なおなやみで?」

 

患者:「高い音が・・・・・・・すぐバテる・・あと・・・音色・・・・・速いフレーズも・・・・・・

 

先生:「いけませんなーっ ウンウンまず、前歯の長さをはかりましょう怖くない
ですよ、うーーん、
結構長いですね・・・・・・」

 

続きは次回

| マウスピース相談会 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069513