マウスピース相談会 百人百色

 
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2010 10/28 | main | 2010 11/3 >>
2010 10/29
 

  中2ジュニアさん お父さんからのメール

 

経歴

9歳からトランペットを始める

使用楽器:BACH 180ML

マウスピース:BACH 2C

 

音域はハイBbぐらいまででるのですが、

コンクール前など練習を多くすると、

調子を崩し、F もでなくなります。

 


  粘膜奏法中2ジュニアさん其の2



 

 

粘膜奏法中2ジュニアさん 其の3 歯並び

 

 

 前歯、歯並びは必ずしも良いとは言えませんが、悪い部類ではないと考えます。

 

 

粘膜奏法中2ジュニアさん 其の4 かなりの上唇 粘膜奏法

 

<
 

 

  この写真から判断しますと、完全なる上唇の粘膜奏法

この構え方(奏法)では、ちゃんと吹けている人は、さすがに“皆無”

 

 

―☆― ―☆― ―☆― ―☆― ―☆― ―☆― ―☆― 

 

今後は、“ローF”を出す事で ハイBb が出せる様になります。





 

2時間のレッスン後に比較的楽に “ハイBb” が出る様になりましたので、初期の目的は達成されたと考えますが、今後は、ウォームアップの方法ですね。

 

低い音、“ローF” がきれいに出せる(振動する)様になると、若干の角度修正で、高音域は自然に出る様になりますね。

 

奏法の調整方法として、“ローF”を基準として、『下のアゴ(歯)が少しだけ前に出る』で、
『中間の音に移行するに連れ、楽器の角度が戻る』を意識すると、上下音はつながって出せる様になると考えます。

 

逆説的ですが、『高い音は“ローF”から』を覚えて頂きたいですね。


 

 

日々のトレーニングの方法




動画解説は次回

| マウスピース相談会 | 06:34 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
ご無沙汰しております。いつも楽しくこのコーナーを拝見、拝聴しております。

最近(ここ一週間位)動画が見られません。クリックすると白い画面になり、英文でNot〜との文字が出て来ます。

まずはお知らせまで。                   草々
                       水野拝

中川喜弘様
| 水野行雄 | 2010/10/30 2:21 AM |









http://blog.nakagawa-music.net/trackback/1069487