マウスピース相談会 百人百色

 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
新格言ブログ用
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
新格言ブログ用
MOBILE
qrcode
OTHERS
トランペットは音響力学 −2−

 

  トランペットは音響力学 −2−

 

トランペット上達については どうしても『自己責任』

例えば 練習量、練習方法 等々とても

道具(楽器 マウスピース)のせいにする ラッパ吹きは

少ないと考えます。

 教える先生方も、もちろん良い先生も多数存在すると

思いますが、比較的に「事なかれ主義」的で、「吹けて

いないのは あなたの練習量」で片付ける場合が多いですね。

 

 マウスピースのリムサイズだけでも、これが正しく

決まれば、確率的には50〜60%は 上達の第一歩と

判断しても良いと考えます。

 殆どのマウスピースが ヤマハを含めて「西洋人対応」

ですので、リムサイズが決まってからも、問題山積と

なりますね。

 

 

 

3ピースのマウスピース                   ボビーシューのマウスピースとの比較

  

 

 

            

各種セパレートカップ              バックボア           

       

| マウスピース相談会 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トランペット “鳴る” 音響力学

トランペット鳴るは『音響力学』

 

 

スロートサイズ マウスピース重量 

赤ベル 黄ベル

支柱 有り無し ヘビーボトムキャップ

 

トランペット吹きは 色々と試したいものですが、

実はこれって『音響力学』

 

『赤ベルと黄ベル』 ベル重量が同じでも

演奏可 不可 両極端に分かれますね。

 

 通常 一般のトランペット吹きの方は そんな

テストは不可能ですが、

 実際 例えば 同じヤマハXeno8335に 取り付けて吹いてみると

顕著です。

 

 もちろん、軽ーるく吹いただけでは 判断出来ませんが、一番効果が

現れるのが、ステージ本番だから 始末が悪いですね。

 

 一般の方は 簡単にはベルチェンジ等は無理ですし、ベルだけ外して

重量を計るというのも

難しい事ではありますが 参考にして下さい。

 

私の場合ですが、現在 205g 赤ベルを使用 で

マウスピース19B4NJ(今年発売予定)

スロートサイズ 3.78mm(#25)

 

 

<iframe>https://youtu.be/Z3C7W3620g4</iframe>

 

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Z3C7W3620g4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

 

| マウスピース相談会 | 10:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
黒人は 唇が厚いから トランペットが吹ける

 

リーモーガン(モダントランペット)  見事に唇が巻けています。

 

よく『黒人の唇は厚いのによくトランペットが吹けるものですね』

と質問されますが、唇の厚さと歯の大きさのバランスが比較的

“トランペット向き”と言えそうですね。

 

黒人は唇の厚い割に歯が意外と普通ですね。

標準日本人の唇は薄くその割に前歯が大きすぎと考えます。

 

日本人が上記の写真ほど、唇が厚ければ

トランペットの名人が出現したと考えます。

 

例えばの話ですが、黒人の歯並びが、

唇の厚さに比例して、前歯が大きければ多分

日本人と同じ様にトランペット上達に苦労をしたと考えますね。

 

§日本人の場合、どういった唇、歯並びであればトランペットが楽に吹けるのか?

 

現在までに我が家にレッスンに入らした方で、良く音が出た唇、歯並び

 

この方はオーバーバイト(出っ歯)の割合が少ない、それに伴い、

唇が薄く見えますが浅いマウスピースを使用して1stトランペットを

担当されているとの事。

恵まれた歯並び、唇の薄さ、ですね。

 

この方はレッスン2回目ですが、前歯の長さをわずかです

歯科医で短くしてきました。

私の予想通り前回より格段に調子がアップしております。

 

歯並び              マウスピース跡

歯並び、マウスピース跡共に理想的ですね。

 

§西洋人と歯並び骨格の違う日本人の場合、

どのようなマウスピースを使えば良いのか?

 

平均的外国輸入文化は、野球のバットにしろ各種スポーツの

道具は日本人の体格・体力を考え『小さく、軽く作り替える』

が常識だと考えます。

| マウスピース相談会 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本人は 唇が厚いと ???

日本人は 唇が厚いと言うのが トランペット界では

常識となっていますが 大きな間違いですね。

 

もし 日本人の唇が厚ければ トランペットは

もっと楽に吹けます。

 

最近の話題で 将棋の ひふみんさん この方の唇を見て

“唇が厚い”と言う方は ゼロだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

“唇が厚い”と言うのは 歯並び 骨格で 唇が厚く見えてる

だけの事ですね。

 

| マウスピース相談会 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トランペットが鳴る は 音響力学 音響工学

トランペットが鳴る は 音響力学 音響工学

 

通常 楽器が鳴る マウスピースが『合う 合わない』等々

トランペット奏者は 無意識の中で選んだり、選ばなかったりと

まさかそれが『音響力学』か関わっているとは 考えないものです。

 

 マウスピースの場合 リムカップが 大きい・小さい 深い浅いと

本能的に取捨選択がされます。

 

 ただ単に リムカップの大きい小さい 浅い深い だけで

マウスピースを選ぶのでは無く スロート サイズの大小

バックボアの形状等で 音響力学 音響工学的な現象が

大きく関わっている事に 気がつかないと 自分の音楽スタイルに

合致したマウスピース又 楽器を選ぶ事は 困難な事になってきます。

 

 クラシック音楽におけるトランペット・マウスピースの条件等は、

かなり 広範囲で楽器 マウスピース共に 条件が確立されていると

考えられますが、クラシック以外のジャンルに対する、マウスピース

楽器の条件は、まだまだと言っても過言では無いと考えられます。

 

 この事は 日本、日本人として 顔の骨格 歯並び 人種的に

(モンゴロイド系)とアングロサクソン系とに 分ける必要が有ると

考えています。

 

 そもそも トランペット系管楽器は 西洋で生まれて

西洋で発展してきています。

西洋人が 吹きやすい様に、発展 進歩してきています。

 

 日本人の管楽器 リップリード トランペット トロンボーン等

としては 『ホラ貝しかない』と言い切っても過言では無いと

考えますが、ホラ貝の技術として その音域は、

第一倍音の上の 第3倍音程度と考えられます。

 

倍音だけ比較しても、トランペットで演奏可能な倍音は

、第九倍音、第十〜第十一倍音までは演奏可能と考えられます。

 

演奏可能倍音だけ考えても それだけ、日本人には合わない楽器と言えますね。

 

 

アングロサクソン系唇

 

 

モンゴロイド系 唇 ↓↓↓

 

この唇は 典型的日本人(モンゴロイド)ですね。
  

| マウスピース相談会 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |